福井ウィメンズクリニック 福井ウィメンズクリニック 電話番号0899690088 福井ウィメンズクリニック 電話番号0899690088

不育症 不妊治療|愛媛県 松山市 福井ウィメンズクリニック

不妊治療 不妊治療

不育症

不育症の検査

妊娠はするけれども流産・死産を繰り返し、結果的に子供が持てない場合、不育症と呼びます。
一般的に2回連続した流産・死産があれば不育症と診断し、原因を検索します。
不育症の検査はたくさんあります。検査をして原因を突き止める事が治療の第一歩です。また、人によっては複数の原因が重なり、1つの原因が見つかったからといって安心できない場合もあります。
ただし、流産の原因は十分解明されていない所もあるため、下記の検査をしても原因がつかめない事もあります。

保険適応の検査

甲状腺検査(TSH fT4)
甲状腺ホルモンを調べます。
血糖値
異常値の場合、着床障害や排卵障害の原因になる事があります。
抗カルジオライピン抗体IgG
抗リン脂質抗体の1つ。
APTT-LA
抗リン脂質抗体の活動性を検討するテスト。
第12因子
流産と関連した血液の凝固能力の異常を調べます。
プロテインC
流産と関連した血液の凝固能力の異常を調べます。
プロテインS
流産と関連した血液の凝固能力の異常を調べます。
染色体検査(夫婦)
夫婦の染色体に異常がないか調べます。
要予約(月~金 原則午前中まで)
抗CLβ2GP1抗体
抗リン脂質抗体を活性化させる働きのある物質。
APTT
血液の凝固能力の異常を調べます。
子宮卵管造影
造影剤を入れて、子宮の形状や卵管の疎通性を調べます。
子宮ファイバースコープ
子宮腔内のポリープ・筋腫・奇形の有無・卵管口の観察をします。

自費の検査

抗カルジオライピン抗体IgM
抗リン脂質抗体の1つ。
抗PE抗体IgG
抗リン脂質抗体の1つ。
抗PE抗体IgM
抗リン脂質抗体の1つ。
ループスアンチコアグラント(蛇毒法)
抗リン脂質抗体や自己免疫症患の指標です。
NK活性
免疫性流産の原因の一種。
要予約(月~金 午前中)
抗DNA抗体
免疫異常の検査です。
リンパ球混合培養試験(MLC)
夫婦のリンパ球を合わせて相性を調べます。
  • 予約が必要な検査は前日の診療時間内に病院までご連絡ください。検査日が休日の前日は予約ができません。
  • 要予約の検査は検査会社に予約が必要です。
    必ず前日までに受付に採血の予約の電話を入れてください。089-969-0088
  • 採取料・判断料は別途となります。

原因と治療法

  
原因治療法
抗リン脂質抗体症候群
  • アスピリン療法
  • ヘパリン療法
  • ステロイド療法
血液凝固異常
  • アスピリン療法
  • ヘパリン療法
染色体異常
  • 経過観察
  • 体外受精
高NK活性
  • ピシバニール療法
  • イントラリピッド療法
リンパ球混合培養異常ピシバニール療法
子宮奇形子宮鏡手術
自己免疫
  • 柴苓湯
  • ステロイド療法
  • 内科専門医へ
甲状腺異常
  • 薬物療法
  • 内科専門医へ
原因不明
  • 柴苓湯
  • ホルモン療法