福井ウィメンズクリニック 福井ウィメンズクリニック 電話番号0899690088 福井ウィメンズクリニック 電話番号0899690088

内視鏡治療 不妊治療|愛媛県 松山市 福井ウィメンズクリニック

不妊治療 不妊治療

内視鏡治療

FTカテーテル治療(卵管鏡下卵管形成術)

不妊原因の一つに卵管の狭窄や閉鎖があります。
FTカテーテルは卵管の入口に約1mmのカメラを入れて原因部位を検査するとともに、カテーテルを使って原因の除去(通過性の改善)を行います。
ただし、子宮から遠いほど開通させるのが難しいとされ、閉塞が強い場合も開通できません。
強い閉塞を開通する時に、まれに卵管穿孔や出血が起こる危険性がありますが、通常は無治療で経過観察します。また、感染等については抗生剤予防します。
開通成功率は90%程度で、術後の妊娠率は30~40%です。術後6~12ヶ月以内に妊娠成立することが多いとされます。
この検査には、高額医療制度(健康保険)の利用が可能です。

腹腔鏡治療

全身麻酔をかけ、お腹の中に内視鏡を入れて卵巣、卵管、子宮の状態をモニター観察し、不妊につながる原因を肉眼で診断する検査です。
いわゆる”お腹を切らない手術”で、従来の開腹法とは異なり、術後の回復が早く、美容面や入院期間の短縮などメリットがあります。

検査・治療の目的

  • 不妊症や月経痛の原因精査と、その除去(おもに子宮内膜、卵管の通過性や癒着、排卵障害)
  • 卵巣、卵管の腫瘍の切除と組織の診断
  • 子宮外妊娠・急性腹症の診断とその手術
  • 子宮筋腫の除去

ただし、内視鏡下の限られた視野の中で行われるため、卵管や卵巣の強い癒着、腹腔内の出血、腫瘍の大きさ、高度の肥満などによっては実施できないことがあります。通常、2~5日間の入院が必要です。

子宮鏡治療

まず検査にて子宮に直径3~4mmの子宮鏡(ファイバースコープ)を挿入し、子宮内部の様子をモニター観察します。子宮内膜ポリープ、子宮筋腫、子宮形態の異常、子宮内膜の癒着など調べます。 検査中に異常が見つかった場合は、後日改めて病変を切除します。 検査は麻酔なしで行われ、5~10分程度で終了します。治療の場合は、静脈あるいは腰椎麻酔で行われ、ほとんどが日帰り手術です。